新築平屋の魅力とは?価格相場・予算を抑えるコツから間取りまで詳しくご紹介

平屋は、日本に古くから存在する定番の住宅スタイルです。そのため、平屋と聞くと昔ながらの和風住宅といったイメージを持つ人も多いでしょう。

しかし近年は、若い子育て世代にも平屋は注目されており、新築のマイホームをあえて平屋にして建てる世帯も少なくありません。そこで本記事では、今だからこそ知っておきたい平屋のメリットやデメリット、二階建てとの違いを解説します。

平屋とは?人気の理由

平屋とは、階層のないワンフロアの住宅をいいます。すべての間取りが1階の中にあるため、構造的にはマンションやアパートに近いイメージもあるかもしれません

平屋は日本では親しみのある建築様式ではあるものの、地価上昇や人口増加に伴ってワンフロアで完結する平屋を設けるのが難しい場所も増えたことで、現代では二階建てが一般的になりました。しかしながら、平屋のほうが二階建てより間取りや住宅の形状も柔軟にできるため、近年再び平屋への注目度が高まっています。現代の平屋は、昔の古民家のようなつくりではなく、デザイン性も機能性も格段に向上している点から、若い世代からも人気です。

平屋のメリット

平屋には、多くのメリットがあります。

まずは、生活動線が向上することです。平屋なら階段を上り下りせずに、日々の家事をおこなえます。洗濯や掃除だけでなく、玄関から台所へ買い物の荷物をしまうといった一連の行動もスムーズです。

階段がなければ、家族にとってバリアフリーな住宅を実現できます。子どもやお年寄りも段差を気にせずに室内を移動できて安心です。年を重ねて介護が必要になった際も、部屋の移動がしやすく、家族構成の変化で空き部屋が出ても有効活用できるでしょう。

金銭面でも平屋にはメリットがあります。たとえば、1階だけの平屋では高所作業を伴うメンテナンスが発生しません。通常、二階建て住宅の修繕では足場の設置が必要です。また、修繕に必要な材料や人件費も増える可能性があります。しかし、平屋は足場をカットできるため、修繕費用も比較的安く抑えられるでしょう。

家族間のコミュニケーションを増やせる点も平屋の魅力です。ワンフロアの平屋では、常に家族の気配を感じながら生活でき、顔を合わせる機会も自然に増やせます。また、庭への動線もスムーズ

にできるので、ペットがいる家庭ならペットに優しい住宅を建てられるでしょう。大切なペットが階段の段差で転んでしまう心配もありません。他にも、暮らしやすさの向上が見込めます。平屋は上階がない分、天井を高くして開放的な空間の設計が可能です。

そして、平屋は自然災害の多い日本に適している住宅形状でもあります。古くから建っている平屋が今も残っている風景を見かけることがありますが、平屋は地震や台風による揺れを軽減できるため、住宅損壊の被害を抑えられるのです。

平屋のデメリット

一方で、平屋にも複数のデメリットが存在します。

たとえば、平屋ではプライバシー確保に気を遣う必要があります。周辺環境によっては、近隣から住宅の様子が見えてしまうかもしれません。洗濯物を外で干しにくくなったり、庭でバーベキューをするのが難しくなったりする可能性もあります。また、住宅構造がシンプルな分、室内への侵入がしやすくなるため、入念な防犯対策も必要です。

周辺に二階建て以上の建物が多く建っている場合は、日当たりが悪くなる点もデメリットとして挙げられます。特に、家の中心部の採光性が悪くなる特徴があるため、住宅全体に光が入るように間取りを工夫しなくてはなりません。

費用面では、修繕費を抑えられるのがメリットではあるものの、二階建てよりも広い敷地面積が必要な分、固定資産税が高くなる傾向があります。また、住宅の基礎となる部分や屋根の面積が大きくなることで、1坪あたりの建築費(坪単価)も高くなるでしょう。

さらに地震や台風による揺れを軽減できる一方で、床上・床下浸水のリスクが高まります。平屋で床上浸水すると、住宅全体にまで浸水が広がるため、避難場所を確保するのが難しくなるでしょ

う。

新築で平屋を建てる際の注意点

新築の平屋を建てる際には、これまでに紹介したデメリットに配慮して設計することが重要です。この項目では、平屋を建てる際に注意すべき5つのポイントを解説します。

プライバシーの確保をする

平屋のプライバシーを確保するには、家族間だけでなく、近隣住宅からの視線にも配慮した設計が求められます。

平屋では家族の生活音が気になり、自分の時間を取れずゆったりするのが難しいときもあるかもしれません。たとえば、家族同士の生活リズムが異なる場合、LDKと寝室が隣り合っていると、寝室で休みたい家族がリビングのテレビ音で眠れなくなるかもしれません。そこで、防音を意識した部屋の配置や、防音効果のある壁や床材を利用するなどの対策が効果的です。開口部が道路に面していたり、近隣に住宅が多い環境であったりする場合には、外から室内が見えにくい構造にするのがよいでしょう。外からの視線が気になる窓には、カーテンや衝立の設置が有効です。庭のプライベート空間を確保したいときは、柵や塀の設置が役立ちます。

防犯対策をする

プライバシー確保と合わせて実施したいのが防犯対策です。

たとえば、家の中が見えにくくなるよう、住宅の周りには塀や植栽を設置して目隠しをするのがよいでしょう。しかし塀を高くすると、住宅に閉塞感や圧迫感が生まれ、死角ができる要因にもなるため、どの程度の高さにするかは慎重に決める必要があります。

住宅内では、外から見えやすい場所にある窓を格子窓にするなどの対策がおすすめです。

ただし、防犯対策は室内を見えにくくすればするほど良いものでもありません。あえて周辺から見える状態にすることで不審者の行動を抑制できる場合もあります。そのため、防犯面と視界の広がりの双方で偏りが出すぎないよう、バランスを調整して設計するのが大切です。

風通しや日当たりを工夫する

平屋のデメリットに採光性の低下があると解説しました。そこで、日当たりと風通しの確保を意識して設計します。住宅周辺に二階建て以上の建物が多いと、どうしても日当たりが悪くなるため、屋根に天窓を取り付けて上から光を届けるようにするのが効果的です。

天窓は部屋の中心部にも光を運んでくれて、空間全体を明るく保てます。自動で開け閉めできるタイプを採用すれば、効率良く換気もできておすすめです。天窓と合わせて、天井自体の形状を傾斜のある勾配天井にすると、縦の空間が広がって見た目も明るくなり、開放感が増すでしょう。

天窓以外では、採光用・換気用として小さな窓をバランス良く配置する方法もあります。防犯対策もあわせて実施することで、目隠しをしながら日光や風を室内に届けられるでしょう。

また、住宅の中心部に中庭を設置すれば、光や風を中庭と面する部屋のすべてに取り込めて気持ち良く過ごせます。

風通しや日当たりを工夫する

平屋のデメリットに採光性の低下があると解説しました。そこで、日当たりと風通しの確保を意識して設計します。住宅周辺に二階建て以上の建物が多いと、どうしても日当たりが悪くなるため、屋根に天窓を取り付けて上から光を届けるようにするのが効果的です。

天窓は部屋の中心部にも光を運んでくれて、空間全体を明るく保てます。自動で開け閉めできるタイプを採用すれば、効率良く換気もできておすすめです。天窓と合わせて、天井自体の形状を傾斜のある勾配天井にすると、縦の空間が広がって見た目も明るくなり、開放感が増すでしょう。

天窓以外では、採光用・換気用として小さな窓をバランス良く配置する方法もあります。防犯対策もあわせて実施することで、目隠しをしながら日光や風を室内に届けられるでしょう。

また、住宅の中心部に中庭を設置すれば、光や風を中庭と面する部屋のすべてに取り込めて気持ち良く過ごせます。

浸水リスクに注意した土地選びをする

平屋は上階が無いために高所への避難ができず、床下や床上浸水といった水害の影響を受けやすいのが難点です。そのため、浸水リスクに配慮して住宅を建てなくてはなりません。

浸水リスク対策は、住宅建築前の土地選びが最も重要です。なるべく高台にある場所に住宅を建てるだけでも、水害から逃れられる可能性は高まります。住宅建築を検討している土地が比較的水害の影響を受けやすい場所である場合には、土台の土地をかさ上げして建てることも可能です。排水設備を整えて、室内になるべく水が入らないような水の流れを物理的につくるのもよいでしょう。

中庭をつくって光を取り入れる

平屋の採光性を高める方法として、中庭の設置もおすすめです。中庭は、住宅の中心となる部分に配置することで、開口部を通して室内に光を取り入れられます。

中庭を通して室内に入り込む光は、空間全体を広く、そして明るく演出してくれて開放的な雰囲気を増してくれるでしょう。

また、中庭の設置によって住宅全体が明るい印象になると、見た目のおしゃれ感も増して、より居心地の良い空間が完成します。住宅形状も中庭の配置に合わせてロの字やコの字といったデザイン性の高いものにできるため、モダンな外観となるでしょう。

まとめ:平屋の特徴を理解して快適なマイホームを建てよう

平屋は、日本らしい和風な雰囲気を大切にしたい世帯にとっても、モダンでおしゃれな雰囲気にしたい世帯におすすめの住宅様式です。家族の成長に合わせて、柔軟に過ごし方を変容させられる点も魅力に感じる方は多いでしょう。

しかし一方で、平屋だからこそ発生するデメリットにも配慮が必要です。周辺環境によって快適度が変わってしまったり、水害への備えを入念におこなう必要があったりします。

新築で平屋を検討するなら、本記事で紹介した建築時の注意点を意識して、機能性の高い住宅を目指すと失敗も軽減できるでしょう。また、工夫すればワンランク上のおしゃれな住宅に仕上がりますので、ポイントを抑えて家づくりを進めましょう。

Search

4月 2024

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

5月 2024

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
0 People
0 Children
Pets
Size
Price

Compare listings

Compare