VOICE(お客様の声) 暮らすほど、愛着が深まる。なにげない日常が豊かな時間に。
Question1.

ウィルに家づくりを依頼したのはどうしてでしょう?

細かなニュアンスも
きちんと理解してくれる。
“伝わること”の安心感。

いろいろなモデルハウスに足を運びましたけど『mini prot EXZ』を見たときに、ウィルにお願いすることを決めました。全体の雰囲気が良かったし、植物を効果的にインテリアに生かしているのも印象的でしたね。おしゃれっぽくしてるんじゃなくて、おしゃれだった。よそのモデルハウスとの違いをそんなふうに感じました。だから、私達の希望するイメージも伝わるだろうなという安心感がありました。ニュアンスやイメージを共有できないと、思っているものと違うものができてしまう怖さがありましたが、そのハードルが最初からなくて、ありがたかったです。
それから、担当の北畠さんも絶対に「無理」と言わない人で、すごく頼りになりました。やりたいことが金額的に無理だったとしても、きちんとほかの提案を用意してくれて「絶対できます」と言ってくれるんです。安心させてもらいながら、家づくりをすることができました。

Question1.

AI-free K様邸
家族構成:K様夫妻・9歳と6歳の男の子

Question2.

どんなところにこだわりましたか?

立地も、内装も、収納も。
希望がカタチに変わる、
家づくりの醍醐味。

希望はいろいろありましたが、まずは立地ですね。私が生まれ育った西部地区を希望していましたが、タイミングよく良い場所を見つけてもらうことができました。それから、最初に見た『mini prot EXZ』の雰囲気が好きだったので、居間階段やキッチンの造作など、いいなと感じたところは設計に取り入れてもらいました。
細かなところでは洗面台の収納ですかね。既製の棚に入らない高さのサロン系の美容コスメが多いのでそれが収まる棚をお願いしましたし、キッチン関連だと食器がいっぱいあるので、しまうことはもちろん、並べて見せることができる棚もつくってもらいました。あとは、夫が趣味のスペースにしているガレージがありますが、そことは別に夏・冬のタイヤを保管しておく場所も用意しました。車が大きいのでタイヤも場所をとるんですよね。いろいろな場所に、私たちのライフスタイルを反映することができました。

Question1.
Question1.
Question2.

毎日の暮らし、どんなふうに変化しましたか?

暮らしそのものが心地よい。
“いつもの日々”が
豊かな時間に。

生活すること自体が楽しくなりましたね。満足した時間を過ごせることに、心の豊かさを感じます。家具のひとつひとつも吟味して選びましたし、目に映るものを自分たちの気持ち良いと思えるもので揃えていくことが楽しい。賃貸で暮らしていたときは「とりあえず」で買うことが多かったですけど、今は一生使えるかどうかを基準にしているところがあります(笑)。ちなみに、最近力を入れた場所は庭ですね。木を植えたり、大きなパラソルを買ったり、家で過ごす時間が多かったので庭を楽しむアイテムをいろいろ揃えました。
暮らして4年になりますが、失敗したな、変えたいなと思うところもないし、満足感を更新しながら暮らしています。心地よい場所にし続けること、家への投資が楽しいですね。ほんとうに建ててよかったと感じています。

Question1.
Question1.
TOPへ

SALES REPRESENTATIVE
第2営業部 北畠進

Ai-free
Works https://iewill.jp/works2/aifree.html
Ai-free https://iewill.jp/ai_free/

TOPへ
TOP SERVICE INFORMATION EVENT WORKS CONTENTS ABOUT