Where ideas become companies

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo. Phasellus gravida volutpat neque.

Offices for any kind of business

We offer the best design and modern office spaces

Shared Workspaces

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Phasellus pulvinar venenatis mi in tempus. Mauris volutpat risus et purus imperdiet faucibus.

Private offices

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Phasellus pulvinar venenatis mi in tempus. Mauris volutpat risus et purus imperdiet faucibus.

Meeting Rooms

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Phasellus pulvinar venenatis mi in tempus. Mauris volutpat risus et purus imperdiet faucibus.

Private office spaces

Starting at $1200/month

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

Why companies choose to work with us

Our office spaces will fit your confort

Launch your startup

Curabitur ut mauris aliquet, tincidunt risus sit amet, rutrum nisl. Duis congue bibendum nunc sed vestibulum. In ultrices velit in est molestie condimentum.

Comfortable office spaces

Curabitur ut mauris aliquet, tincidunt risus sit amet, rutrum nisl. Duis congue bibendum nunc sed vestibulum. In ultrices velit in est molestie condimentum.

Equipped for productivity

Curabitur ut mauris aliquet, tincidunt risus sit amet, rutrum nisl. Duis congue bibendum nunc sed vestibulum. In ultrices velit in est molestie condimentum.

Open 24h a day

Curabitur ut mauris aliquet, tincidunt risus sit amet, rutrum nisl. Duis congue bibendum nunc sed vestibulum. In ultrices velit in est molestie condimentum.

Transparent payments

Curabitur ut mauris aliquet, tincidunt risus sit amet, rutrum nisl. Duis congue bibendum nunc sed vestibulum. In ultrices velit in est molestie condimentum.

Get inspired and relax

Curabitur ut mauris aliquet, tincidunt risus sit amet, rutrum nisl. Duis congue bibendum nunc sed vestibulum. In ultrices velit in est molestie condimentum.

Hear From Our Members

The biggest reward is to satisfy our customers and share their experience with you

ホームページがリニューアル致しました

NEWS
Will, 広報担当

年末休業期間:12月30日 - 1月9日

NEWS
Will, 広報担当

モデルハウス休業期間:12月24日 - 1月13日

NEWS
Will, 広報担当

Press and Media

Keep always update on latest news

住宅の価格の中身の話し 〜 適正な安さとは? 前編

住宅の価格を、分解するとイラストのように分けられます。
上の「 販売経費 」と 「 人件費・事務所経費 」は、例えば新築住宅1棟あたりいくらになるかによって、お客様への住宅価格に影響してきます。

「 販売経費 」は、広告費用、モデルハウス費用、キャンペーン値引や、建築条件付のような建物の契約を取るための分譲地所有の経費などなどです。
様々な広告を出していたり、モデルハウスが立派だったり、多く建てたり、キャンペーン値引などなど、そのような経費は結局、お客様の契約金額に含まれているのです。

「 人件費・事務所経費 」は、役員が多かったり、社員が多かったり、事務所が立派だったりすると、同じくそのような経費は結局、お客様の契約金額に含まれているわけです。

このような経費は、実際建てた住宅の中身の質には関係ない費用です。
適正な範囲を超えたムダな経費が、実際に建てていただくお客様の負担になっては
おかしいですよね。
派手だったり、立派だったり、気前が良すぎたりというノリの会社は、すでに賢いお客様には通用しなくなっています。 次に、価格のイラストの「 建物原価 」という部分です。
ここが、建てた住宅の「質」といいますか「価値」となる部分になります。
「 建物原価 」の中身も  「 建物原価 」 = 物(材料) + 工賃  というようにわけられるのです。(基礎工事や設備工事等分けにくい工事分野もあります)

新築住宅は、様々な工事分野(大工工事や、基礎、設備、電気、屋根防水、断熱などなど)の専門業者(協力業者)が携わります。 元請会社(住宅会社)の現場管理者の工程に添って専門業者が工事をして完成していきます。

このため「物(材料)」と「工賃」は、安ければ良いとはなりません。
「安さ」だけを追求しては「質」も落ちることとなります。

「質」を落とさず、「安く」するには!
続きは、後編に!

わたしたちの住宅への取り組み 〜 原点

人間が生活していくうえで 絶対必要な 「 衣・食・住 」。
その中でも「 住 」について、実はほとんどの皆さんが マイホームを検討しようかとしても、全てがはじめて見ること聞くことがありすぎて よくわからないまま検討を進めているのではないのでしょうか?

一生に一度の大きい買物なのに、わかりずらい知らないものにお金を出すという恐怖!!

疑問? 疑心? 本当はどうなのか? だらけですよね。
住宅の価格について? 工法について? 性能について? 住宅ローンについて?
などなど

本当に住宅業界ってわかりずらい、難しい世界ですよね。 いまだに私もそう思います。
と言ってる当社自体も 不動産企画ウィル? なんで住宅の工事もやってるの? これもさらにわかりずらい?

実は当社、はじめは不動産と設計業務だけだったのですが、住宅設計だけの仕事の際に工事(施工)会社と、価格や追加工事についてもめるケースがありました。
そんな時 「 追加だとなんでそんな高くなるの? 」 「 いっそのこと自分で材料を支給すると安くできるんじゃない? 」 と理解できないケースもありました。

「住宅」は魅力的な仕事です。
その魅力と疑問から、自社で設計~工事(施工)まで取り組むこととなりました。
わかりずらい・奥のふかーい住宅業界(工事側)にどっぷりと浸かり、今ではその住宅の仕事の方が多くなりました。
そんな中で、当社にしかできない家づくりの取り組みは 人を守るという「品質」。
住まい手の視点にたった「空間・デザイン」。
リーズナブルな「価格」。
当たり前のようなことですが、常に原点をそして初心を忘れずに取り組んでいます。
たくさんのお金をかけた立派な家造りの案件を私たちは目指している訳ではありません。
住まいは「衣・食・住」という人間の生活に大切な要素の一つです。
新しい住まいが、住む方の生活に溶け込み、そしてより豊かに生活の時間が流れていく。
私たちにとって「住宅」は魅力的な仕事なのです。

マイホームの、必須の仕様(長期優良住宅 認定基準)後編

 

前回のお話のなかで、長期優良住宅制度の説明をしましたが、この制度のメリットとしてもう一つわかりやすさというものもあります。

7つの分野である、構造躯体の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性、かつ良好な景観の形成に配慮した居住環境などの性能について、こまかな材料がどうとか、工法がどうとかではなく『 何等級 』というもので 認定されます。
一般の詳しい知識のない方にとっては、性能についてはこのような統一した公的基準で「何等級」とかの方が、まちがいなく簡単に比較検討ができると思います。

現在も、それぞれの住宅会社により 構造がどうとか 断熱方法がどうとか 工法がどうとか 一方的な説明で 何が本当に良いのか? 自分たちの家に 本当にそこまで必要なのか? 様々な会社の説明を聞けば聞くほどよくわからなくなってしまうお客様が多い のではと思います。

せめて 基本的な住宅の性能の部分については 国により制度化された「長期優良住宅」 というバランスのとれた基準を、最低限のものさしとして、それ以上の性能については 「何等級」かという わかりやすく比較検討してみてはいかがでしょうか?

わたしたちは、会社の歴史も浅く、小さな会社ですが、この制度(法律)が平成21年に整備されたと同時に、いち早くチャレンジし取り組み、平成21年6月の法律の施行と同時に(6月)認定申請し、翌月に認定取得し、道南では第1号となる長期優良住宅認定のモデル住宅を完成させました。(北海道では4番目でした)

現状は、一般のお客様ではまだ「長期優良住宅基準」や「耐震等級」「省エネ等級」などは 知られていませんが、今後の住宅基準は間違いなく、これらの性能が必須となるはずです。 わたしたちは、住んでから必ずお客様のメリットとなる基本性能と思っていますので 一般のお客様の反応や評価を待つのではなく、いち早く当社の標準仕様として採用しました。地味ですが。

Search

2月 2023

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28

3月 2023

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
0 People
0 Children
Pets
Size
Price

Compare listings

Compare