当社は平成23年3月から、2010年グッドデザイン賞を受賞した規格住宅『ZERO-CUBE』の事業主体である『ZEROパートナーズ』に加盟し、規格住宅『ZERO-CUBE』の販売をスタートしました。
さらに『ZERO-CUBE』を北海道仕様に変更し、プランバリエーションも追加した『CUBE+』も同時に展開しています。

『ZERO-CUBE』を一番最初に、雑誌で見た時に感じた外観のインパクトや、さらにグッドデザイン賞を受賞したという確かなデザイン性、わかりやすい価格表示に、可能性を感じ、すぐに大分県にある『ZEROパートナーズ』の事業主である株式会社ベツダイを訪問し、建物の実物を見学させてもらいました。
その際に、株式会社ベツダイの矢邊社長とスタッフの皆さんと意見交換させていただき住宅に関する商品企画力・開発力そしてそのスピード感覚に魅力を感じました。
また『ZEROパートナーズ』の目指すその先に、地方工務店が全国組織することにより大手ハウスメーカーと対等に競える環境を作っていきたいという大きな目標にも共感できました。

『ZERO-CUBE』は、装飾性を排除したシンプルなデザインコンセプトで創り上げていきます。日本の住宅の姿として、シンプル性というのは日本的な美へのアプローチとして通じる考え方だと思います。
日本の気候は、雨や雪が多いため、住宅に過剰なデザインを採用したことにより、後にメンテナンスに問題(構造、雨漏り、汚れやすさ、断熱性)が起きることがあります。
シンプルなデザインは、当初の建築費(コスト)を低減することも出来ますし、完成後のメンテナンスコストにもメリットがあります。

また『ZERO-CUBE』のシステムには『+FUN』という様々なオプションメニューが設定されており選べる楽しさも感じることができます。
単なる規格住宅では、住宅を創る際の自由度を失うことや、建材・設備仕様についても、その選択肢が限定されるなどのデメリットがありますが、その点『ZERO-CUBE』はベースプランを基に、『+FUN』という様々なオプションメニューを利用し、自分好みにアレンジ(編集)することができ、創る楽しさがあります。

当社では北海道という厳しい環境で展開するために『ZERO-CUBE』の断熱仕様等をグレードUPし、さらにこれまでの当社標準仕様の基準としている国で定めた『長期優良住宅基準』を採用し『CUBE+』というオリジナルの規格住宅も造り上げました。
『CUBE+』の設定価格についても、当然購入しやすい価格設定、わかりやすい価格表示にこだわり設定しました。
家づくりを『がんばり過ぎないで取り組みたい』という方にとって、魅力的な住宅に創り上げられたと思います。
現在、この1年で20棟を上回るお客様に採用していただけました。
本当にありがとうございます。
わたしたちの新しい取り組みが、共感していただけると自分たちの自信に、勇気につながります。

家づくりとは、単純に『高ければ、必ず良い家』なのでしょうか?  『必要以上に背伸びをしなければ、良い家はでききない』ものなのでしょうか?
わたしたちは、これまでの住宅業界の常識を疑い、自らの工夫と努力を積み重ねていくことで、地元函館、道南の住環境、住文化に少しでもプラスになれる家づくりに挑戦していきます。

只今制作中
コラム1 コラム2 コラム3 コラム4 コラム5 コラム6 コラム7 コラム8 コラム8
資料請求はコチラ