VOICE(お客様の声) 悩んで、考えて、こだわり抜いて。大満足の、みんなの“我が家”ができました。
Question1.

ウィルとの出会いは、何がきっかけですか?

友人の「ウィルに行ってごらん」の一言から、
僕たちの家づくりがはじまりました。

 家を建てようと決まってから、いろいろな会社のモデルルームを見
たりしましたが、その時に同級生から「ウィルで手頃な値段で家を建
てた」と聞いたんですよね。で、その友人にいろいろ話を訊いて、
まずはココ・ティークを観に行きました。そしたら自分たちの好きな
感じそのままで、すっかり魅せられてしまって。でも、だからと言っ
てすぐにウィルさんに決めたわけではなかったんですが、その時出会
った営業担当がそれからすごく真剣に対応してくれたんです。
当時、生活の拠点は札幌だったからメールでのやりとりが多かったん
ですけど、「まずは理想の家の図面を書いてみて」と言われたり、で、
書いてみた図面にいろいろ提案をくれたり。この段階ではまだ、建て
るかどうかも決めていないのに、ですよ(笑)。ただ、この時間があ
ったから、結果、ウィルさんにお任せしようと決められたし、そうで
なければこの家も出来ていないので、今はその決断に満足しています。

Question1.

Ai-free N様邸
家族構成:N様夫妻、14歳、12歳、11歳、3歳の4人のお子さま

Question2.

どんなところにこだわりましたか?

大家族だから、
間取りには一番こだわりました。

 いろいろこだわりましたが、一番は『間取り』です。家族の人数が
多い、でも家を大きくすると予算がかかる。どうしたら効率よく、か
つ、広くなるか、営業担当の提案を取り入れながら、一番時間をかけ
て悩みました。インテリアの部分では、白を基調にすること、DIYと
言うか、ものづくりが好きなので古材が似合うような壁紙にすること、
それから2階に小リビングを作ったこと、ママのスペースを作ること、
あとは玄関の収納スペースの区切りの壁をアーチ状にして、自分達で
漆喰を塗ったこと、などですね。

Question1.
Question1.
Question2.

家が完成してからの暮らし、どんな風に楽しんでいますか?

ものづくりをはじめ、
こだわることが
一層楽しくなりました。

 自分たちでアレンジしやすい家なので、まず、ものづくりは楽しん
でます。作ったものは、リビングのカーテンボックス、家中の照明ス
イッチのカバー、これはすべて同じデザインです。それから物置とキ
ッチンのゴミ箱を収納するケース。内装をこだわったぶん、暮らしが
楽しくなって、今まで以上に自分たちのこだわりも強くなりました。
ものづくりはまだまだ続けていきますよ。カーテンボックスもつけた
いところがあるし、ウッドデッキ、物置はもうひとつずつ、これから
ゆっくり作っていこうと思っています。

Question1.
TOPへ
TOPへ
TOP SERVICE INFORMATION EVENT WORKS CONTENTS ABOUT